ベッド専門店グースカ

ねむりのインテリア館 グースカ

当店では、約70台の内外有名ブランドベッドのさまざまなマットレスについて、寝転んで寝心地を比較いただきながら、専門アドバイザーがあなたに最適なベッドをご提案します。
超特価の新商品やアウトレット商品も充実していますので、ぜひお越しください!

ベッド専門店グースカ

ベッド専門店グースカ 大内 義之

Staff
Data
ベッド専門店グースカ 大内 義之“試して寝(ためしてネ)!”ができる、ねむりのインテリア館

1階から3階までの3フロアに、約70台のお客様に体感〈“試して寝(ためしてネ)!”〉していただくことが可能な有名ブランドベッドを展示しております。専門スタッフ(アドバイザー)がお客様のさまざまなニーズに合った最適なベッドをご提案します。

■1日のお仕事

09:30 出勤後、メール及びシステムチェック
10:00 朝礼、開店準備/システムメンテ作業
10:30 開店
12:00 店舗にて接客商談
13:00 ランチ
15:00 店舗にて接客商談
17:00 接客 or メール及びHPメンテ作業(随時)
19:00 閉店/退社

photo

Interview
#1
接客をするうえで心がけていることは?

まずは、お客様の寝具に対するニーズ把握に最重点をおきます。
寝心地の“好み”というものは非常に曖昧なもので、「硬めの寝心地が好き」と仰っていた方が、試して寝(ためしてネ)をしてみたところ、「本当は軟らかめが好きだったんだ…」などということはよくあること。
お客様の現状の寝具だけでなく、過去に遡った寝環境そのものを俯瞰できるような情報を、 より“さりげない接客”で引き出すことを心がけております。
『お客様に喜んでもらいたい(好かれたい)≒お客様に対し好感を持つ(好きになる)→お客様をよく知ることが必要』というのが、永年の接客経験から培ったポリシーです。

Interview
#2
接客をしていて良かったと思うことは?

前職でシステム営業をしていたこともあり、自分でいうのもなんですが、接客営業はかなりのベテランです。そんな私でも、やはり最良の喜びはお客様からのお礼のお言葉。 『よいベッドにめぐり会えた!』『よい買いものができました!』などという購入時のお言葉から、『おかげさまで快眠できております!』『以来よく眠れています!』という寝装品追加購入時のお言葉まで。お客様のお言葉から“なんともいえないここちよさ!”を感じます。“自分はこの言葉をいただくために接客してるんだ”ということを日々感じ、それが自分のパワーの源となっています。

photo

Interview
#3
あなたにとっての睡眠・寝具とは?

『眠り(睡眠)』は、翌日の身体(からだ)と精神(脳/こころ)のコンディションを大きく左右するもの。身体の疲れをとるだけでなく、様々なストレスによる脳の疲れを解消する生理現象です。何かと忙しい現代人にとっては、ただ単に多くの眠る時間(≒“量”)をとるだけでなく、その眠りの“質”を高める(効率の良い熟睡)こそが求められています。
私も日ごろ、比較的短時間で熟睡できるような「質の高い眠り」を得られるよう心がけております。『寝具』はその『眠り(睡眠)』の“質”を高めるための必須アイテム。仕事柄、特にマットレスと枕の相性や、寝環境と寝姿勢の相関などを気にしています。

Interview
#4
あなたのテンピュール商品体験談

やはり何と言っても衝撃的だったのが、『Zero-G(ゼロジー)』です。それまでは“電動リクライニングベッド”≒介護用/高齢者専用というイメージでした。
しかし、最初の製品紹介でお客様役としてデモンストレーションを受けた時に 、今までのベッドでは味わえない不思議な感覚にとらわれました。今でも当時の記憶が鮮明に蘇ります。
この“ゼロジー技術”の開発の元は、実は米国の南北戦争の時代まで遡るんです。当時の医学博士により発見された技術によって今のゼロジーが生まれた…。なんて、歴史的なロマンにも感銘を受けた印象的な商品です。

Interview
#5
あなたの睡眠法

身体と頭(脳)のリフレッシュとリラックスに気を使っています。特に入浴時、少し長めの半身浴が最高ですね!以前は肩までどっぷりと熱めの湯に短時間で浸かる派でしたが、最近はややぬるめの湯に胸まで10~15分程度の時間を浸かる半身浴にしています。
また、最初はこの入浴時間を利用して、一日の仕事や生活のことを考えることが多かったのですが、最近は何も考えずにリフレッシュするよう改めました。入浴時はリフレッシュとリラックスに専念し、身体と頭を一度リセット。リラックス状態の後、いつの間にか眠りについています。生活リズムのメリハリが重要ですね。 

Interview
#6
お客様へのアドバイス

どんなことでも お気軽に相談を!&最終の選択はお客様自身で!
スタッフはベッド・寝具類のご提案において、豊富な知識と経験を有しております。したがって、お客様の寝心地感そのものの発見から、マットレス選択のポイントおよびその判断基準要素、最終ご提案マットレス選別の際の助言や参考意見などのお手伝いは可能です。
しかし、私も頻繁に意見を求められますが最終結論段階で 「大内さんは、プロとしてどのマットがお勧めですか?」との要求はご勘弁を…。
寝心地感は千差万別。たとえ親兄弟、体型そっくりの一卵性双生児でも異なるものです。“どっちがきもちいい(寝心地)か?”の判断をするのはあなた自身です。

My Favorite

My Favorite

①タンブラー
大好きなコーヒーはたっぷり飲みたいので、お気に入りのタンブラーに入れて、持参しています。インスタントではなく、毎朝、自分でコーヒーメーカーで淹れるのがこだわりポイント。もちろんブラック派です。
②ペン
伝票を書くときに活躍してくれるのがこのペン。前職で業務アプリケーションのシステム営業をしていたときに、メーカーさん(LOTUS社)からいただいたもの。インクがなくなれば替えて、長く大切に使っています。
③iPhone
今では使っている人が少なくなってきたiPhone4S。それでも、カバーを付けて、長く使っています。普段は電車通勤で、通勤時間にはiPhoneが情報収集などに役立っています。
④腕時計
いつも肌身離さないのが、このオメガの腕時計。これは結婚した際に、妻からプレゼントとしてもらった思い出のもの。一生の宝物ですから、磨いたりメンテナンスをしながら、大切に使っています。
⑤メンターム&ミンティア&メジャー
身だしなみとして欠かせないのが、唇の荒れや乾燥を防いでくれる薬用リップケアスティック「メンターム」。
クールなスッキリ感のミントタブレット「ミンティア」は気分を切り替えたいときに。
そして、「メジャー」はベッドの高さなどを測る際に欠かせないアイテム。
ポケットにはこの3種の神器を常備しています。
お客様からいただいたお言葉
「よい提案をありがとう!」「よい買いものができました!」などの、帰り際のお客様のさりげない一言が、仕事に対するモチベーションを高める原動力です。
お客様へのメッセージ
自分に合ったマットレスを見つけるために、まず、何を基準にするかを決めてみましょう。[腰部のサポート感]や[臀部筋肉の緊張感緩和]、[背骨から頸椎の圧迫感]などの選択ポイントをご自身の中で明確にすると、その後がスムーズです。
とはいっても、ご来店されるほとんどのお客様はこの選択ポイントが不明確。それどころか、本来の自分の好みの寝心地感すら極端な既成概念(腰痛には硬いマットレスが良い?柔らかいマットレスは腰に悪い?)の影響を受けている方も多いのが実情です。
ですので、あまり悩まず考え込まず、まずはスタッフにご相談を!あなたの様々な潜在的な寝具への“お悩み”や“お好み”を顕在化するお手伝いをさせていただきます。
数多くのマットレスからお客様の好みに合ったものをご選択いただく際も、お客様の本来の好みを明確にする際も、スタッフは多くのマットレスから特徴のあるマットレスを選び、お客様に “ためしてネ(試して寝)!” いただきます。その後は「どれがよい?」ではなく、「どっちがよい?」の積み重ねで選択肢を絞っていきます。

神奈川県横浜ショールーム

ベッド専門店グースカ

所在地 171-0022
東京都豊島区南池袋1-26-9
電話 Tel.03-3983-6111
営業時間 10:30~19:00
定休日 毎週火曜日(祭日は除く)
URL -