【PRイベント 2013.6.11】 テンピュールZero-G「無重力の日」

【PRイベント 2013.6.11】 テンピュールZero-G「無重力の日」2013年6月12日

この度、テンピュール・ジャパン(本社:神戸市中央区、代表取締役:キム・モーテンセン  以下:テンピュール)は、2013年6月11日(火)に、無重力の日(6月16日)に向けた「テンピュール Zero-G」無重力の日イベントを開催いたしました。

 イベント開始と共に代表取締役:キム・モーテンセンよりご挨拶を、続けてマーケティングマネージャーの吉永寛子より新商品の説明とコンセプト発表を行いました。

《代表挨拶、マーケティングマネージャー新商品説明・コンセプト発表》

今般の睡眠事情でみると、厚生労働省の調査(平成19年)によると、5人に1人が「睡眠で充分休養が取れていない」と回答しており、良質な睡眠に関心を持つ人が増えてきています。

 その良質な睡眠を得るために、テンピュールは「無重力睡眠」を打ち出し、その無重力睡眠を実現する商品、テンピュール Zero-Gを発表いたしました。9月より発売の新商品テンピュール Zero-G 400は、従来品に比べて、モーター性能やデザイン性を高め、Bluetooth®を用いることでさらに、拡張性も高まります。

そして、「無重力睡眠」を大勢の方にお伝えすべく、スペシャルゲスト、山口もえさんをご招待いたしました。

《山口もえさん登場》

眠ることが大得意で「ベッドに入って3分以内に寝られる」と語られた山口もえさん。7・8年来、テンピュールの枕を愛用していただいていることも満面の笑顔で語っていただき、テンピュールの気持ちの良さが、寝入りの良さにつながっているのでしょうか。2人のお子さんとご一緒に眠っておられ、入れ替わり起こされることで睡眠時間が少ない分、睡眠の質をよりよくしたいと語られました。

《早稲田大学スポーツ科学学術院 助教 有竹清夏先生による良質な睡眠についてのお話し》

そこで、睡眠の専門家、早稲田大学スポーツ科学学術院 助教 有竹清夏先生に良質な睡眠をとるコツや研究内容をご披露いただきました。

有竹清夏先生は、寝返りのメカニズムや、寝返りが多いと睡眠の質が低下する恐れもあるといった内容など、寝返りと睡眠の質に関する研究結果を発表してくださいました。

今般は寝返りのしやすいマットレスが市場に目立ちますが、テンピュールは適度な寝返り回数でしっかりと熟睡できるマットレスを展開しており、これからも良質な睡眠を突き詰めた商品展開や啓蒙活動を行ってまいります。

玉ねぎとニンニクが寝つきによいという、研究結果に驚いておられていた山口もえさん。「眠る前にニンニクをたくさん取ってもいいんですね」と、新しい発見がありました。

ここからは山口もえさんに、「無重力睡眠」を体感していただくべく、テンピュール Zero-Gに実際に寝転がっていただきました。「あまりにも気持ち良すぎて、今すぐに寝てしまいそう。」「この気持ちよさは言葉だけでは一万分の一も伝わらないので、本当に寝てみてほしい」と、驚きと非常に気持ちよさそうに語っていただきました。

《KiLaさんによる無重力イリュージョン》

さらに、マジシャンのKiLa(キラ)さんにお越しいただき、さらにベッドごと浮かせるイリュージョンを披露。

ベッドと一緒に宙に浮かび上がった山口もえさん。KiLaさんは、ベッドをごと浮かせることは今までやったことなかったものの、「無重力ベッドというだけあって、浮かせやすかった」とおっしゃっておられ、無事にイリュージョンが成功しました。

《山口もえさん 誕生日プレゼント》

左より、キム・モーテンセン 山口もえさん 有竹清夏先生

そして、もう一つサプライズ

6月11日は山口もえさんの誕生日。テンピュール より山口もえさんへ、無重力睡眠で極上の睡眠を取っていただけるように、テンピュール マットレスとZero-Gをプレゼントいたしました。非常に喜んでいただきき、これから毎晩寝ることが楽しみだと語ってくださりました。

その後、会場の皆様にもベッドをご体感いただき、イベントは大盛況の中無事終了いたしました。

 

さらに無重力の日を、日頃テンピュール製品をご愛顧いただいているお客様と盛り上げるべく、6月16日の無重力(616)の日に、テンピュールから当日限りのスペシャルオファーを開催いたしました。

ニュース・お知らせ